大聖牛の組立方法

 

各合掌の組方

針金の結束方法

<川側(川表)からみた形>

川側(川表)から見たところです。          →川の下流方向

前合掌木の交差の仕方が、護岸側(川裏)の合掌木が上流側に
川表側の合掌木が下流側になるように組付けます。

 

<護岸側(川裏)から見た形>

←下流方向

 

<針金の結束状況>

 

4周巻きます、きつく締め付ける必要はありません。重量がかかって変形するに連れて自然にしまっていきます。

矢印の先にあるものは、ステップルと言います。針金でU型に作って、結束位置を固定するために打ち込みます。