篭石の詰め方

篭の表面にそって石を整理(張る)している状況

作業員の後ろに篭の口が開いたままで、閉じてない状態が見えますが、上方を開いておいて、石を荒ら詰めします。

護岸工の詰石作業状況

荒詰の後、石を張り、不足した石は篭の目から投入する
鉄線篭と比較すると、竹かごは、形状がつぶれにくく、作業が容易である

止め杭が必要な場合は垂直に打ち込む

 

杭止めの後

上部の口を開いて(前出)石を投入下方へ送る
杭は篭の面より15cm程度高く打ち止める